〒812-0893
福岡県福岡市博多区那珂3-11-15

電話

予防接種

本年度は新型コロナウイルスの流行により、インフルエンザや肺炎球菌ワクチンの供給が間に合っておりません。 現在、当院では接種を行うことができませんのでご了承くださいますようお願いいたします。
ワクチンが供給可能となれば、予防接種の再開を予定しておりますので、ワクチン接種をご希望の方は一度当院までご連絡ください。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承下さい。

当院ではインフルエンザをはじめ、
肺炎球菌感染症などのワクチン接種を行っております。

実際には病気にかからなくても、その病気への免疫ができ病原体が体内に侵入しても発症を予防したり、症状を軽度ですませたりすることができます。

予防接種

インフルエンザワクチン(インフルエンザ予防接種)

インフルエンザワクチンは発病を完全に抑えることはできませんが、
インフルエンザの感染を予防したり症状を軽くすることができます。

また合併症による死亡を予防することができます。
特に高齢者の方々、呼吸器疾患、循環器疾患、糖尿病など基礎疾患のある方は流行のシーズンの前にインフルエンザワクチンを予防接種しましょう。

料金

65歳以上の方 無料(福岡県在住の方は県が助成)
小学1年生~高校3年生 1,000円(福岡市在住の方は市が助成)
(但し、持病をお持ちの方や、今までに予防接種で副作用が出たことがある方は小児科での接種をお勧めしてます)
上記以外の一般の方 3,000円

※いずれも、2回目の接種は、2,500円となります。

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)

肺炎球菌は、体力が落ちている時や高齢になって免疫力が弱くなってくると病気を引き起こします。

肺炎球菌が引き起こす主な病気としては、肺炎、気管支炎などの呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などがあります。
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)は肺炎球菌による肺炎の予防や、重症化を防ぐことが期待されるワクチンです。
接種してから免疫ができるまでおよそ3週間ほどかかりますが、一回接種するとその効果が5年以上続くと言われています。
季節を問わず接種可能ですので、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を5年以上接種していない65歳以上の方は肺炎が増える時期が来る前に接種しましょう。

料金

一般の方 8,000円
福岡市からの助成対象年齢の方 ※ 4,200円

※本年度中(4月1日から3月31日)に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

予防接種についてよくある質問

Q:昨年インフルエンザワクチンの接種を受けましたが今年も受けた方がよいでしょうか?

A:インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行することが予測されるウイルス株を用いて製造されています。
そのため、昨年ワクチンの接種を受けた方でも、今年のインフルエンザワクチンの接種を検討して頂く方が良いと考えられます。

Q:インフルエンザワクチンの接種はいつ頃まで受けるのがよいですか?

A:日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えます。
12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

Q:肺炎球菌感染症は、なぜ予防したほうがよいのでしょう。

A:肺炎球菌は、莢膜(きょうまく)という分厚い膜に包まれているため、からだの免疫からの攻撃に強く、退治するのが難しい細菌です。
しかも、抗菌薬(抗生物質)が効かない耐性菌も登場しており、肺炎球菌感染症は重症化しやすいことがわかっています。
そのため、予防がとても大切です。

Q:肺炎球菌ワクチンの接種には費用の助成制度がありますか?

A:あります。福岡市内に住民票(外国人登録を含む)があり、次に該当する人が対象となります。

本年度中(4月1日から3月31日)に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方。
助成金額:4,200円

※過去に肺炎球菌の予防接種を受けたことのある方は、この公費助成制度の対象とはなりません。