〒812-0893
福岡県福岡市博多区那珂3-11-15
ららぽーと福岡 徒歩5分

電話

橈骨神経麻痺

【症状】
腋窩部(わきの下)での麻痺は上腕三頭筋(二の腕)以下の麻痺と橈骨神経領域の感覚障害が生じます。上腕外側部での麻痺は腕橈骨筋の麻痺、手関節の伸展不能、母指と他の指の付け根の伸展不能と感覚障害が生じ、手のひらを地面に向けると手と指の付け根が下垂し、反ることができないため、下垂手という変形を生じます。前腕部での麻痺は後骨間神経麻痺と呼ばれ、手関節の伸展は可能ですが、伸展時に手関節が親指側に動きます。また、母指と他の指の付け根の伸展不能がみられますが、感覚障害はないか軽度です。

【病態】
原因は開放創や上腕骨の骨折、睡眠時の上腕部での圧迫や注射によるものなどが多いです。絞扼性神経障害として、後骨間神経麻痺があり、これはガングリオンなどの腫瘤、モンテジア骨折(尺骨の骨折と橈骨頭の脱臼)などの外傷、神経炎、運動のしすぎなどにより起こります。

【治療】
局所の安静や投薬、リハビリテーションを行います。また、装具(コックアップスプリント)を使用することもあります。数ヵ月経過しても症状の回復が見込めない時は、手術が必要となります。

<手関節の疾患>
手関節の疾患一覧に戻る