〒812-0893
福岡県福岡市博多区那珂3-11-15
ららぽーと福岡 徒歩5分

電話

肘部管症候群

【症状】
初期では、小指と環指の一部にしびれが出現します。麻痺が進行すると手の筋肉がやせてくる、小指と環指の変形といった症状が見られます。

【病態】
子供の時の骨折による肘の変形や加齢による変形、靭帯やガングリオンなどの腫瘤による圧迫などで、肘の内側で神経(尺骨神経)が慢性的に圧迫されたり牽引されることで発症します。

【治療】
薬物の投与・肘の安静などの保存療法をまずは行います。これらの治療が無効の場合や麻痺が進行しているときには、手術療法を選択します。

<肘関節の疾患>
肘関節の疾患一覧に戻る