〒812-0893
福岡県福岡市博多区那珂3-11-15
ららぽーと福岡 徒歩5分

電話

上腕骨近位部骨折

【症状】
肩関節の痛み、腫脹、可動域制限。

【病態】
上腕骨は肩関節から肘関節をつなぐ骨で、その骨の近位部とは肩関節に一番近い場所で、転倒などにより腕を付いた際に起こる骨折です。若年者ではスポーツや交通事故によって骨折することが多く、高齢者で、骨粗鬆症などのある方は、軽い外力でも骨折することがあります。また、神経損傷、肩関節可動域制限などの機能障害、脱臼などを合併することがあります。

【治療】
保存的治療と手術の2つに分けられます。骨折後、骨のずれが少ない場合は保存的治療を行います。日常生活動作時に肩関節を安定させるために三角布などで約3週間固定します。その後、痛みに合わせて徐々に肩関節可動域訓練、筋力訓練を始めます。
手術は骨のずれが大きい場合に行います。髄内釘固定、プレート固定、人工骨頭置換術など、骨折の程度に応じて様々な種類があります。手術後、肩関節の動きが悪くならないように早期にリハビリテーションを実施します。

<肩関節の疾患>
肩関節の疾患一覧に戻る