〒812-0893
福岡県福岡市博多区那珂3-11-15
ららぽーと福岡 徒歩5分

電話

変形性頚椎症

【症状】
頚部の痛み、上肢の痛みや痺れなど。

【病態】
加齢に伴い椎間板近傍の椎体後縁に生じる骨軟骨性隆起(骨棘:骨のでっぱり)によって脊髄や神経根が圧迫されたり、その部位の血流障害が生じたりして神経症状が出現します。発症は椎間板ヘルニアより一般に緩徐で数年の経過で完成しますが、時に外傷により突然症状を呈する場合もあります。

【治療】
基本的に安静を基本とした頸椎カラーや内服薬などによる保存的治療を行います。 しかし、変形性頚椎症は、加齢により生じた変化であり、神経学的症状が強くある場合(感覚障害、運動障害、体幹平衡機能障害、歩行障害など)は、手術となる事があります。

<頚(首)の疾患>
頚(首)の疾患一覧に戻る