福岡市博多区の整形外科なら | 医療法人山口整形外科医院

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

溶連菌感染症STREPTOCOCCAL INFECTION

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症とは

溶連菌(ようれいきん)は、主に喉に感染し、喉頭炎や
扁桃炎といった病気を引き起こします。
溶連菌の感染は小児に多く、成人になるにつれて少なくなる
といわれていましたが、最近では成人の感染も増えてきてい
ます。 溶連菌は、発熱・喉頭痛を発症し、普段の風邪との
区別がつきませんが、身体や手足に小さい赤い発疹が
出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします。
合併症であるリウマチ熱(発熱や関節・心臓など身体各部に
炎症が起こる症状)や糸球体腎炎(浮腫。蛋白尿、高血圧)な
どを引き起こす危険性があるので治療後も注意が必要です。

日常生活の注意点

  • うがいをする習慣をつけましょう。
  • 喉に痛みを感じたら、辛いものや味の濃いもの、熱いものを避けましょう。
  • 水分補給をこまめにとりましょう

PAGETOP