福岡市博多区の整形外科なら | 医療法人山口整形外科医院

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

ロコモティブ症候群LOCOMOTIVE SYNDROME

ロコモティブ症候群とは

ロコモティブ症候群とは

機関車を意味するロコモティブですが、医学の分野では
骨や筋肉・関節などの『運動器』のことを指します。
年齢と共に運動器が衰え、ひざの痛みや腰痛に
手足のしびれを訴える人が増えていくのですが、最近では
子供でもロコモティブ症候群が見られる異常な事態になっ
てきているようです。

7つのロコモチェック

チェックが1つでもあてはまればロコモの疑いがあります。
医師の診察を受けて早期治療をこころがけましょう。

  • 片足立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたり滑ったりする
  • 階段の上がるのに手すりが必要である
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 2kg程度の荷物を持って歩くことができない
  • 家の中のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用)

ロコモの予防

栄養バランスのある食生活でロコモを予防しましょう。
ロコモトレーニングで筋力の向上も効果的ですが、食事で筋量を維持することが大切です。
その筋肉づくりに不可欠なのがタンパク質です。タンパク質は肉や魚、大豆に卵などに豊富に含まれていますが、乳製品で摂取することもできます。 骨の栄養になるビタミンDやカルシウムを多く含んだ牛乳やヨーグルトが市販されています。 簡単で手軽に取れる乳製品で、骨粗鬆症やロコモ予防に取り組みましょう。

ロコモトレーニング

トレーニングで転倒予防、骨折予防に取り組みましょう。

トレーニング01.ダイナミックフラミンゴ療法

片足立ちを1分間ずつ。朝昼夜の1日3回繰り返してください。
・両目を開く
・転倒しないように机やイスなど、必ずつかまるものがある場所で行う
・バランスが悪い時は軽く机などを支えにする

トレーニング02.スクワット

01.両足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。
02.背中をまっすぐに伸ばして、まっすぐ前を向いた状態にします。
03.両腕を頭の後ろに組み、動きやすい状態をとります。
04.鼻から息を吸いながら、ゆっくりと腰を落とし太ももと床が水平になるようにします。
横から見たときに、お尻が後ろに突き出たような姿勢になります。
05.息を吐きながら、スッと元の姿勢に戻ります。
腰を落とす時は『1、2・・・7、8』と数えながらゆっくりと動きましょう。
安全のためにいすやソファーの前で行いましょう。

トレーニング03.その他の運動

ラジオ体操・ウォーキング・ストレッチなど関節の曲げ伸ばしも効果があります。
大切なのは、日頃からの運動です。
メタボに代わる『新たな国民病』ロコモティブ症候群の予防に努めましょう。

PAGETOP